メールマガジン 「ひっそり茨城(食)」を購読しませんか? メールアドレス

現在地:タイトルメイン口コミ情報一覧>突撃!あやの気になるお店
 


150
20

■ 突撃!あやの気になるお店




 

2004年5月26日(水)
第9回  ハイサイ@日立市

「ハイサイ」

データ
ハイサイ
住所 茨城県日立市平和町1丁目
電話 
営業時間  調査中
定休日 
メニュー

※行き方
日立駅のロータリーから国道6号方面に、
北側の道を歩いていると
ケンタッキー→鴨亭→(2,3軒?)で
オキナワちっくなのれん(?)があるはずです。
黄色いよ。
中は一見入りづらそうだけど、
入ってみればなんてことないですよ。

沖縄にはおととし行って、泡盛と豚肉のおいしさを知りました。
で、栃木に沖縄料理屋さんを見つけ、泊りがけで行こうかと思うくらい沖縄料理にあこがれていました。
それが日立に沖縄料理屋さんができたよと聞いたので、ぜひ!と思いました。
今回一緒に突撃してくれたこっこちゃん(仮)が一足先にハイサイ周辺に到着。
「なんだか入づらいところだけど、あやちゃん、どうするのー?」とメールをくれました。
「えーそうなんだー。でも入ってみようよ」
と飲む気まんまん(笑。

 
集合して、てくてく。
日立駅からスグ。
うーん、確かにお年頃の女の子が入るには…。
外から中を覗くのは微妙。
だけど、あきらめません。
覗いたっ。
カウンターに女性ばかり4、5人…。
ありゃりゃ?
やっぱり沖縄ブーム??

いらっしゃ〜い
お店は奥に長いお店です。
広くはないなぁー。

カウンター席が8席くらい。カウンターの奥には自転車が。
「一応」お座敷もあるけど、とってもちいちゃくてかわいらしいお座敷です。
テーブル2個の、たたみ2畳あるかないかくらいの。

中にはいってとりあえず…お座敷には座れなさそうなので
カウンターにちんまりと座る。
メニューを見まわして、泡盛など決定。

おじちゃんが一人で切り盛りしているの。
「すいませーん」って何度か呼ばないと気づいてもらえなかった。
やっと気づいてもらったと思ったら
「あ!いたの!?」という感じ(笑。
ほほえましいですぅー。
 
泡盛は1合700円から950円くらいまではあったかな?
ボトルもあるようでしたけど、そんなに飲めな〜い(笑。
二人とも全然、泡盛には詳しくないので、全部名前で決めました(笑)。
こっこちゃんは「琉球 クラシック(だったはず)」で
あやは「紺碧 ゴールド(だったはず)」。
どちらも800円かな。

しかもボトルの封を開ける、第一杯目!
開けたて!!
なんかすごーく得した気分♪

徳利に並々入って出てきて、グラスには氷がたくさん。
あやの泡盛は「ゴールド」だけあって褐色。

味はまろやかでしたよ。
氷が入っているからどんどん薄くなっていってしまうのが残念なくらい
まったり(?)としていました。
「常温でもいいから、薄くならないのが飲みたいよね」と言いつつ…。

お通しはエシャロットのようなネギの仲間のようなシロモノ。
おそらく・・・しまらっきょう??
ネギなんですよ。からいんですよ。

「これは、猫逃げるよ」と言いながらね。
あやは食べましたよ〜。全部。

カウンターに「全国で(多分)沖縄料理が食べられるお店ガイドブック」みたいな本があったのですよ。
手を伸ばしてとって見てみたら、茨城県内にもけっこう沖縄料理屋さんってありました。
しかも、あやの高校の近くだったりも・・・。つまり通学路!?
へーーしらなかったなぁ。
栃木まで行くところだったのに・・・。
でも、いわゆる飲み屋さんというよりはやや男性向けのお店に多いみたい。
スナックとか?(よくわからないんだけど)。
うーん、これならあやはやっぱり入れないかもねぇ。

相変わらず店内は女性客のみ。
当然だけど減りもしないし増えもしない。

途中でサラリーマンの数名のお客さんがきたのでお座敷においておいたあやの荷物とかをどかしたのですが、
やっぱり大の大人には狭すぎるかなぁ(笑
「またきます」と残して帰ってしまいました。
ごめんね。今日の疲れを癒したかったでしょうに・・・。
 
お料理は沖縄そばとソーキそばもあります。
そこで、ピンときた!
この「ハイサイ」って池の川運動公園の前にできた「かりゆし」と関係あるかも!
黄色いのれんは「かりゆし」のもあったはず。
でも、確認していないし、関係があってもなくても、
おいしければ問題なしなのです。
ソーキそば(650円)、沖縄そば(550円)。
写真は豚の骨付きスペアリブ(ソーキ)入りのソーキそば。飲
むと同時にソーキそばなんてお食事をはじめてしまいましたが、
お仕事あとのこっこちゃんはハラペコだったのですよ。
しかも意外に(おじちゃん一人なのに)出てくるのが早かった…。他のお料理も早かったんですけどね。

沖縄のおそばは体にやさしーい味がします。
だしがきいているし、この小麦粉っぽい麺は大好物です。
うどんよりもっちりしていて、コシがしっかりしていて(蕎麦とは全然違うよ)。
いいなー。
他にはやっぱり「ちゃんぷるー」と言うわけで、ゴーヤもいいけど豆腐チャンプルーに。
豆腐と言うよりはやわらかい厚揚げみたいでした。
沖縄のハム(スパムとも呼ばれる缶詰です)も入っていましたよ。
味はちょっと濃い目でした。
このスパムも味が濃いしね。
この野菜炒め(笑)はお酒に良く合いましたよ〜〜。
それと、泡盛と共にあやがどうしても食べたかったものが
豚の角煮!!(角じゃないけど…。)
沖縄の、ほろほろに煮た豚肉はすごいんです!
たま〜に豚の角煮を作るあやとしては、このやわらかさは脱帽なのです。
うらやましいよぉ(泣)。
「ラフティ」に決定。
こんなに大きいお肉がほろほろなんてすごすぎるうーー。
コラーゲンがたっぷりそうなぶりぶりの皮(?)もおいしいし、お肉もおいしいし。

冷めてきちゃったらなんとなーく煮魚系の味がしたような?
冷めてもうまいよ〜〜。
あー沖縄(料理)最高…。
飲み終わりの頃、宅急便やさんがきました。
すると、荷物を受け取ったおじちゃんは、あやとこっこちゃんの背後に回り
「あれとって」と。
メニューの上に重ねて張ってある「売り切れ」という紙をとってくれと。(写真参考)。
取ってあげました。
「白身のお魚が、入荷したんだねぇ・・・」と
またふたりでほのぼの。
(余談ですが「白身」じゃなくて「白味」って書いてあった。わかるけどー!ほのぼの。)
シーサーが目の前で見守る中、あやとこっこちゃんの泡盛の酒盛りは終わったのでした。
(1合しか飲んでないけどね)。

☆★メニゥ☆★
 
ソーキ煮つけ(700円)
豆腐チャンプルー(600円)
ゴーヤチャンプルー(600円)
フー(麩)チャンプルー(600円)
ソーミンチャンプルー(600円)
マーミナ(もやし)チャンプルー(600円)
沖縄そば(550円)
ソーキそば(650円)
ラフティー(700円)
足ティビチ(豚足)(700円)
ヒラヤチ(沖縄風うす焼き)お好み焼き(400円)
白身のお魚のから揚げ(550円)
グルクンから揚げ(500円)